スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫と子ども

我が家には未就学の子がいるので、多くの里親サイトの条件では「里親NG」になってしまいます。
が、縁あってこにゃじろうさんと出会うことができて、本当に感謝しています。

未就学の子がいると、猫をいじりまくる、追っかけまわす、放っておかないので猫のストレスになる…というようなことが、拒否される要因になるのでしょうか。


実際我が家に猫がきてみて…
初日は興味津々でケージのそばに近寄ってちょっかい出したくて仕方なかったようですが、
そこはしっかり怒りまくって、猫にちょっかい出させませんでした。
うちは平日は保育園に行っているので、朝から夕方まで家にいないので、
猫にはそれは良かったかもしれません。

最初は下の子も猫が家に来て興奮気味でしたが、最近ではすっかり落ち着いて、
私に怒られることもなくなってきました。
クンちゃんなんか、こんなです。




クンちゃんが我が家に来たときは、生後2週間くらいで、まだミルクを飲んでおり、ちっちゃくってちっちゃくって340gくらいでした。
下の子がいるので、まさかクンちゃんの里親になれるとは思わず、こにゃじろうさんが「いいですよー」って言ってくださった時は、正直びっくり。

でも家に連れて帰ってみると、案外下の子は大丈夫だったのです。
すごく小さいことが、子どもなりに充分分かって、危ないこと、無茶なこと、猫の嫌がることなど一切せず、本当に意外に安心でした。

今のところ、モモは下の子を「仕方ねーなー、ちょっと付き合ってやるか。でも隙を見て逃げるぜ」、コハナは「わたくしは絶対にイヤよ、あんなヤツに触れらるなんて、まっぴらごめんだわ」といった感じです。


本当にこにゃじろうさんに出会えて良かったです。
ありがとうございます。



P7070445.jpg


これは昨日上の子が飲んだ「ハニーレモン」

下の子はソフトクリームを食べて…

P7070444.jpg


大満足の顔。

P7070443.jpg

スポンサーサイト

comment

Secret

こんばんわ。
自分のことがブログに書かれていて、こっぱずかしいです。。。
正直私もずっと、小さい子がいるお宅はそれだけで会いもせず、お断りしてきました。
PePeさんとお会いして、猫に嫌がることをさせないよう、お子さんを叱っているの見て、「このお母さんなら大丈夫」と思ったんです。
私のお陰ではなく、PePeさんのお人柄が猫との出会いを運んできたんだと思いますよ。

そうだったんですか。
やっぱりどうしても小さい子どものいる家庭は、難しいのですね。
まぁ自分が考えても、猫を子どもから(やんちゃな子から)防衛するのは、確かに大変です。
うちは平日ほとんど家にいない、というのもポイントですね。

>叱っている
最近は毎日怒ってばかりで、かなり母として落ち込んでいます。
怒ってばかりでいいのか、この子は怒られてばかりでいいのか…と。
でもやっぱり怒らない訳にはいかないので、毎日戦闘です。

猫に対しては…時々寝るときに抱っこしたくてモモ追っかけ回すので、どがーん!と怒られています。
クンちゃんが意外にも、無理矢理抱っこされてもゴロゴロいっているんですよ。

>私のお陰ではなく
でもやっぱり、こにゃじろうさんとの出会いじゃなければ、今の生活はなかったと思っていますー!

クンちゃん、リラックスしてますね。
幸せそう。
下の子くんも幸せそう。
私も幸せな気分になります。
でも、私の腕は幸せじゃない!(え?)
今、ワサビが私の腕に顔をのせて寝てますう。
お、おもい・・・。

下の子が時々思い出したように
「じぶんちゃんの家に、猫がいて良かったねー」
って言っています。
あと自作のへーんな猫の歌を歌ったりして…猫のいる生活幸せですよねー
プロフィール

PePe

Author:PePe
人間4人、猫3匹の毎日です。

ずぼらな性格で、ずぼらに更新していますので、万が一コメントをいただいても、お返事しないと思いますが、悪気はありませんのでご理解ください。

にほんブログ村 猫ブログへ
↑一日一回ポチっとお願いします



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。